ホルモンバランス改善サプリランキング完全ガイド

ホルモンバランス改善サプリランキング

ホルモンバランスの乱れは、更年期だけではありません。最近は、ストレスや生活習慣により若い人も、ホルモンバランスの乱れによる症状に悩まされています。

 

・生理不順
・生理痛
・PMS(月経前症候群)
・肌荒れ
・自律神経失調症
・不妊

 

ストレス発散はもちろん、質の良い睡眠をとるように努めましょう。ホルモンバランス改善や調節を助ける、チェストツリー、大豆イソフラボン、ビタミンB6・Eを積極的に摂りましょう。当サイトで紹介する、ホルモンバランス改善サプリは、これらの有用成分が配合されています。ぜひ参考にしてください。

 

女性のミカタの特徴

体と心の症状への2種のサプリが、ホルモンバランスも改善してくれます!すこやか編は体の不調に。チェストツリーなどを配合し、ホルモンバランスを整えることで不調を解消。やすらぎ編は心の不調に。月見草オイル、大豆イソフラボンなどを配合し、不足ホルモンを補完しイライラなど心の症状を取り除きます。自分の不調にあわせて、サプリを選ぶのもOK、一緒に摂るのもOK。1日めやす各2粒。定期お届けコース初回半額キャンペーン実施中。

価格 980円
評価 評価5
備考 チェストツリー・月見草オイル・大豆イソフラボン

 

フルミーマカの特徴

更年期に多いホルモンバランスの乱れを改善、調整してくれます。国産マカを使用。ホルモンバランスを整える、ベンジルグルコシノレートは業界トップクラス含有しています。発酵高麗人参のサポニンが巡りをUPして、冷え解消へ。イソフラボンが不足した女性ホルモンを補完。PMS、イライラや不安など体と心の不調を解消へ。1日めやす3粒。更年期以外の方もどうぞ。毎月380名限定、リニューアルキャンペーン実施中。

価格 2,980円
評価 評価4
備考 国産マカ・発酵高麗人参・イソフラボン

 

ムーンラックの特徴

2種のハーブがホルモンバランスを改善して、PMSや生理痛を軽減してくれます。ホルモンバランスを整えるハーブ、チェストベリー(チェストツリー)、カチプファティマのほか、桂皮など8種の成分を配合。PMS、イライラや倦怠感など、ホルモンの乱れからくる体と心の症状を改善。3ヶ月頃から違いを感じる方が。1日2粒。WEB限定、特別モニターコースは初回約56%OFF。

価格 980円
評価 評価3
備考 ハーブ・チェストベリー・カチプファティマ

 

ホルモンバランスはなぜ乱れるのか

 

加齢によってホルモンバランスが崩れてしまうことは良く知られていることです。そのホルモンバランスを特に乱してしまう原因のひとつとして、45歳から55歳ぐらいに起きる更年期の問題が特にあると言われています。

 

一般的に、ホルモンバランスはエストロゲンとプロゲステロンの調整によって保たれているのですが、それだけではなく、脳からのホルモンの分泌に関する指令にも大きな影響を受けています。

 

更年期が問題というのは、この年齢期にさしかかると、脳からホルモンを分泌する指令が出たとしても、女性ホルモンの生成が十分に行われないことによって、指令だけが続けて出てしまうようになります。これが更年期障害で、ホルモンバランスの乱れによって生じています。

 

たとえ若い方だとしても、思春期によるホルモンバランスの乱れも存在します。ですが、多くの場合これは一時的なものに過ぎません。こうしたことがあるということを周囲もわかって、多感な時期ですから、様々な負担によって心身が疲れてしまうことが無いよう気を遣ってあげると良いでしょう。もちろん、セルフケアは最低限必要です。

 

ホルモンバランスが乱れるのは、更年期だけが原因ではありません。私たちをとりまく精神的なストレスもホルモンバランスの乱れを作ってしまう要因だと言われています。現代社会では誰もが多くのストレスを抱えていますから、若年性更年期障害言われる、ホルモンバランスの乱れからくる症状を30代から訴える方も増加しています。

 

ストレスが問題になる場合、そのストレスの蓄積や解消方法は本人以外が自覚・確認することが難しいので、自分で積極的に対策を立てていく必要があります。知らず知らずのうちに、生活の乱れや食生活の乱れなどがホルモンバランスを乱している場合もありますので、リズムの整った正しい生活をするように心がけましょう。

 

ホルモンバランスの乱れが引き起こす症状

 

ホルモンバランスの乱れによって、体には様々な症状が表れるようになります。たとえば、更年期障害、生理不順、生理通などは女性に特有のものですが、イライラや鬱などの情緒不安定、体のだるさ、頭痛、むくみ、ほてり、肌荒れなどは男性でも起こりますし、女性でも当然起こっています。ホルモンバランスの乱れは年齢によって生じることもあり、また個人差もありますが、誰にでも非常に多くの影響があるのです。

 

女性の45〜55歳くらいになると、閉経が起こりますのでそれに伴ってホルモンバランスが崩れていきます。このときに更年期障害が起こることが多いのですが、更年期障害は女性ホルモンの生成が弱まっていって、脳から出されるホルモン生成の指示と実際の分泌量が合わなくなって、それで体に影響が出てくる状態のことを言います。

 

主な症状としては、ホットフラッシュや発汗、頭痛、冷え性、倦怠感などです。これによって生活リズムが変わったり、場合によっては周囲にも大きな迷惑をかけることになりますので、できるだけその影響を小さくしたいところです。

 

この更年期障害は、今までのストレスが絡んでくる部分もありますので、症状には個人差が大きく、全く気にならない人もいれば生活に支障が生じる人もいます。最近では30代という若い時期から更年期障害になる若年性更年期障害も増えているため、若い方でもホルモンバランスや自分の状態に注意しなければならないと言われています。

 

また、思春期のホルモンバランスが活発な時期はホルモンが大量に分泌されますが、バランスが取られているのが正常な状態であり、大量に出ているのも体に影響を及ぼします。思春期特有のイライラしやすい性質やニキビや肌荒れが多いのは、このホルモンの分泌によって起こるもので、発育上必要な段階ではありますがこうした状況が現れ、程度によっては病的な状況まで引き起こします。

 

女性だけの問題と捉えられがちですが、男性だとしてもホルモンバランスが乱れてしまえば何かしらの症状が生じることがあり、特に更年期にさしかかると、男性性更年期障害が発症することもあります。一般的な更年期障害の症状が男性にも見られるようになります。ですから、男女関係無く気をつけなければならない分野だということができますので、普段から健康な生活を送り、ホルモンバランスの乱れを最小にとどめられるように気をつけましょう。

 

ホルモンバランスの乱れを改善するには?

 

ホルモンバランスの乱れを抑えることが健康的な生活のためには効果的だという話がありますが、一体どのようにしてい乱れたホルモンバランスを整えるのでしょうか。

 

まず、そのためには何が原因になっているかを知ることが必要です。たとえば、不規則な生活や過剰なストレスを常時抱えていたり、また過酷なダイエットをしていたりということが原因となって生じるホルモンバランスの乱れもありますし、更年期や思春期など、年齢と共に訪れるホルモンバランスの変化によって生じる乱れもあります。

 

このホルモンバランスは女性の場合は特に頻繁に発生していて、月経などの生理的な現象によって定期的にホルモンバランスは乱れてしまいます。ですから、その影響を最小にとどめることができるような体作りができれば常に安定したホルモンバランスをある程度維持し、体調や精神状態の乱れも少なくすることができます。また、食生活の改善も大事なポイントです。

 

たとえば、最近話題になっている大豆イソフラボンですが、この大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることがわかっているので、これを摂取することによってホルモンの減少による体の負担を軽減することが期待できます。

 

また、ホルモンバランスの乱れへの対処として病院でホルモン注射を行う方法があります。これは体内に不足しているホルモンを外部から直接的に補給することによってそのバランスを整える方法になりますが、人によっては副作用などの問題もありますので、医師によっては許可が出ない場合があります。その場合は家庭でできる方法によって対策を立てていくことになります。

 

もし家庭で自力で改善することで良い程度であれば、運動を行ったり、サプリメントや漢方などによる栄養補給、生活リズムの改善などがオススメです。サプリメントは、最近ホルモンバランスを整えるためだけのものも出てきたので、ややこしく栄養成分などを勉強したり組み合わせたりする必要が無いという利点があり使いやすいです。

 

また、運動や睡眠リズムの改善はホルモンバランスを乱す要因のひとつであるストレスを軽減する作用をもっていますので、こうしたものを生活の中に取り入れながら原因をひとつずつ潰していく生活をすることがホルモンバランスを維持する上で大切なことです。

 

ホルモンバランスが乱れたままだと辛い病気を発症するかも

 

ホルモンバランスが乱れることは良くないと言われていますが、それがどうしてかと言えばやはり多くの病気を引き起こす危険性があるからです。その中の代表的な病気としては、更年期障害、精力減退、疲労、うつ病、がんなどが挙げられます。

 

その中でも、女性に特有の更年期障害は45歳から55歳の閉経時に起こることが多く、めまい、疲労感、頭痛、無気力感、不眠症、いらいら、といった状態が同時に襲ってくる可能性があり、自分やその周囲に与える影響が大きいため注意が必要です。またホルモンバランスの乱れは個人差が大きく、人によっては全然気になりませんが、ひどい人であれば日常生活に支障をきたす程度にまで不調を起こす人もいます。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと、場合によっては無気力になってしまって、最悪うつ病を発症することもあります。注意が必要なのは、ホルモンバランスの乱れによって無気力やうつ病が起きるのではなく、ホルモンバランスが乱れたことでストレスなどに耐えるために必要な脳内物質の量が減少してしまうことにより精神的に脆くなり、こうした症状が表れるそうです。ホルモンは実はやる気や集中力を支える原動力になっていますので、こうしたものが少なくなってきた場合は精神に支障が出てくる場合があります。

 

また、女性の場合はホルモンバランスが乱れた場合、生理機能にも異常が生じることがありますので注意が必要です。これにより、月経周期が乱れたり不妊などの深刻な状況が出てくる場合がありますので、軽視することはできません。

 

それから、思春期の女性はホルモンバランスが崩れやすく、この時期はホルモンの分泌が盛んになるために肌が荒れたりいらいらしやすくなってしまいます。思春期は多感な時期と言われますが、悩みやストレスを溜め込みやすく、それがホルモンバランスの乱れと合わさって心身の調子に出やすい時期ですので、ストレスや悩みを溜め込まないようにする注意が必要です。

 

以上の症状はあくまで多くの症状のうちの一部を紹介したもので、もっと多くの病気や影響が確認されています。男女関係無く、ホルモンのバランスが乱れると体の不調となって出てきますので、ホルモンバランスにも注意を払って健康を維持しましょう。

更新履歴